読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リキッドレビュー】 JAYDEN JUICE PX.623 ARIZONA

今回はリキッドレビューです。

他にも、いくつかのリキッドを購入していますが、今回は煙草フレーバーのリキッドをレビューしようと思います。

 

美味い!
美味いです。このリキッド。

煙草感が素晴らしい。

 

購入は渋谷のVAPE HOUSEさんです。

VAPE HOUSE 渋谷 電子タバコ専門店 – 渋谷の電子タバコ(VAPE)専門店です。

 

リーパーやBLKなど、評判の良いタバコ系リキッドを数多くテイスティングしてきましたが、しっくりくるタバコ味のリキッドはこれまでありませんでした。

ナッツ系が強いもの、ブドウっぽい味の強いもの、スモーク感が強いもの。
色々なものがありました。

 

JAYDENの別銘柄もテイスティングしましたが、そちらの方が紙巻たばこ感は強かったですが、ARIZONAの複雑で贅沢な香りと味にノックアウトされて、本品を購入しました。

 

JAYDEN JUICE PX.623 ARIZONAは、程よいスモーク臭があり、そこに葉巻きのような豊かな風味とブランデーのような芳醇な香りが加わっています。

ワット数高めで吸うと、えぐ味も出ますが、コレが煙草っぽさを高めている気がします。

後味は複雑で、ベリー系が強いものの、ブランデーと葉巻きを足したような味が残ります。
焚き火系のスモーク風味はすぐに消えます。

 

ただし、セッティングによってかなり味が変化するので、何パターンか試してみて自分が美味しいと感じるところを探す必要があります。

 

機材は以下の通り
merlin mini RTA
カンタル 26G 11巻 1.4Ω

 

16w
かなりリアルな煙っぽさを感じます。
煙草っぽい煙の味と香りが抜けた後に、微かにベリー系の後味が残る感じです。
ナッツ系の香りは微かに感じる程度ですが、バランスを整えるのに良い仕事をしています。

焚き火系の風味は、微かに感じる程度。
ワット数を上げていくと、煙感が増していき、その他の味が隠れていきます。

 

10w
煙草っぽさは弱まるものの、ブランデーを一口飲んだ後に、葉巻きを1吸いしたような贅沢な味がします。
焚き火系の風味は、16wの時と違い弱まります。(かすかにするかな?程度)
スモーク系とナッツ系が奥にひっこんで、ブランデーのような風味が前面に出てきます。

 

んんーーー~~~。。。
どっちが美味いかな。

と、しばらく悩んで12wでベイピングすることにしました。
このあたりのワッテージから、珈琲やウィスキーと合うようになってきます。

 

しかし、これは良いなぁ。
単体で味わう場合は 低ワッテージ でブランデーや果実味を強めに楽しんで、珈琲やウィスキーなどの味も香りも強い物と味わう場合は、高ワッテージにしてスモーク感を楽しめます。

 

【追記】

数日吸って気がついたのが、後味が強いです。

甘酸っぱい味が結構残ります。

お酒や料理の味が違っていて、何度か驚いたので、そちらも共有しておきます。

 

【追記2】

Naked 100 tobacco cuban blend と、似た傾向の味で、こちらの方が全体的に味も香りも強く感じます。

 cuban blend は軽く試飲しただけなので、後味問題はちょっと分からないですが、cuban blend は60ml で3600円3400円だったかな?

記憶が曖昧な部分もありますが、Naked 100 の方がコスパは良さそうです。
向こうの方が、後味が残らないようなら、自分なら cuban blend を常飲するかもです。

 

【追記 3】

別の記事にしようか悩みましたが、追記でメモ。
更に数日のあいだ、別のリキッドを吸いながらも、時々このリキッドを吸ってみています。
何故こんなに悩むかというと、美味いんです。

吸っている時はもちろん、後味も不快なものではない、というか美味い。
でも、珈琲や料理の味が変わってしまうんです。
歯を磨かないと取れない、結構な後味が残ります。

こう書くと、嫌な感じに読めてしまうかもしれませんが、後味も美味いので余計に悩みます。

 

寝る前のウィスキーと珈琲しか口にしない時間帯に、時々選ぶと幸せになれるのかなぁ
と、引き続きこの美味しくて困ったリキッドと戯れてみようと思います。

 

PS,

AWT( apple wood tobacco )の方が好きかもーと、思いながら吸い比べ中なので、近日中にそちらのレビューも載せまーす。